« | »

2010.10.17

夜明けの栗きんとん

昨日は、とんぼ返りの相方にお願いして、「にものや のら」へ。…2度目の「夜のら」です。「今月中なら、栗きんとんあります」のコトバに誘われて。栗、大好き。「栗」と聞いては、じっとしていられません。

夜のら、おばんさいセット・前菜
DSC_0008.jpg

すみません。いつものように、最初の画像だけ撮ったら、あとは食べ物に超集中…。

のら特製栗きんとん。
2612599_647897939_98small.jpg
すみません。画像は、のらの大将のところからいただいて来ました。

しっかし、こんな贅沢な栗きんとんいただいたら、お正月の栗きんとんは、単なる「栗甘露煮入芋きんとん」でしかなくなるな。
どうしてタイトルが「夜明け・・・」なのかは、以下に続く・・・。


実はこの日の昼間、牧ノ原市のほうせん館で生栗2袋をゲットしてまして。
そして、夜はこのおいしい栗きんとん。加えて大将からは「mixi にレシピ、載せてありますから」と言われてしまえば…。

楽しい夜のらを終えて帰宅。
おいしくて楽しくて、幸せ過ぎて、ものすごい睡魔に襲われて、そのまま布団に倒れ込んだ。
・・・明け方、4時頃。
いつものようにヌコドもががさごそと動き出すのに、起こされた。せっかくなのでそのまま起きて、台所に降りて、栗を洗い、茹で、半分に切って、中身をクリ出して、その間に砂糖みつ作って、・・・そう、栗きんとん、作りました。

夜明けにフル稼働する、怪しいIHコンロ。右から、栗、布巾の煮洗い、砂糖ミツのナベ。
DSC_0010.jpgのサムネール画像

我が家はオール電化で、夜11時から朝7時までの電気料が激安なのよ。でもこんな時間に全開でナベ使うのは、去年の暮れのおせち作り以来だな。

渋皮煮よりラクと聞いたけど、んー、そうかも。茹でるのも一度だけだし、中身をかき出すのも、そんなに大変ではなかった。・・・「熱いから軍手して」のアドバイス、かなり有効。

シロウトな初めてのくりきんとん。
DSC_0011.jpgのサムネール画像

栗きんとんよりも、相方の「地球連邦軍」の湯のみに注目?

相方は「栗の味を砕いて固めたみたい」と言ったけど、そう、その通りでーす。(涙)
今度はもう少し和菓子風になるように、もう少し栗の実を砕いて、砂糖みつの水分を増やしてみようと思います。

Trackback URL

Comment & Trackback

今年は異常な暑さの長引きで、栗が不作と聞いたのですが、秋といったらやっぱり『栗』ですね~
私も栗好きです!(ふと思ったのですが、栗とは『果物』なのか『木の実』なのか??どっちなんでしょう?)
栗きんとん、おいしそうですね~
おばさんって、それにしてもマメですよね!おっくうがらずに栗きんとんをしかも夜明けに自作されるとは・・!
私が栗きんとんを自作することは、おそらく一生無い気がします。。

面倒くさがりのところ(掃除系とか)もたくさんあるんだけど、「栗」に関しては結構マメかもしれません。・・・昨晩から、今度は「渋皮煮」作ってます。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>